忍者ブログ
豚身昼斗念のおすすめ映画
[19]  [18]  [7]  [3]  [6]  [5]  [4]  [2
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

最近までカルトムービーのことを“オ”カルトムービーと勘違いしていました。

カルトムービーの意味を調べてみると、
「熱狂的ファンによる小グループによって支持される映画」
ということらしいです。

つまり、カルトムービーってコアな作品ならカルトムービーに分類できるのではないかな、と。
ただ、自分の中のカルトムービーのイメージとしては
「ミステリアスで中毒性のある作品」
これに当てはまる映画は大抵、カルトムービーということにしています。


以下は好きなカルトムービー作品。
カルト映画って見たあとの後味がたまりません。
ミステリアスな部分がしばらく抜けなくて、作品に酔ったような感じになるんです。
ある意味気持ち悪いのにそれが気持ちのいいような。
ほんとうに中毒になるんんですよね。


ペルセポリス
TAMALA2010
マルホランド・ドライブ
バッファロー’66
ウェイキング・ライフ
コヤニスカッティ
不思議惑星キン・ザ・ザ
ベルヴィル・ランデブー
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
aj (res)
(12/26)
パッチ (res)
(09/24)
最新トラックバック
ブログ内検索
バーコード
忍者ブログ [PR]