忍者ブログ
豚身昼斗念のおすすめ映画
[3]  [6]  [5]  [4]  [2]  [1] 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

kinzaza.jpg 制作国:旧ソ連
ジャンル:SF/コメディ

監督: ゲオルギー・ダネリヤ
脚本: レヴァン・ガブリアゼ/ゲオルギー・ダネリヤ
出演: スタニスラフ・リュブシン/レヴァン・ガブリアゼ

あらすじ
 技師のマシコフは妻に買い物を頼まれた先で、
 バイオリンを持つ音大生ゲデバンに話し掛けられる。
 ふたりはひょんなことから不思議惑星「キン・ザ・ザ」へとワープしてしまう。
 見渡す限り砂漠―そこへ不思議な宇宙船がやってきて…。
 奇妙な宇宙人たちとの出会いあり、シュールな笑いあり。
 ふたりは無事地球へと帰れるのか。
 
みどころ
 なんといってもキャラクターたちの掛け合いと空気感が魅力的。
 どうせ地球上の砂漠で撮影してるんだろうと油断してると、
 独特の世界観に飲み込まれます。
 「キン・ザ・ザ」のルールや決まりごとも注目すべき点で、
 言語に関していうと常用する単語がほとんどなく
 特定の単語以外を「クー」と言って表現するので、
 会話はほとんど「クー」。それだけで個人的にはツボなわけで、
 作品中の小ネタ小ネタが光ります。
 開始からまもなく、自分が「キン・ザ・ザ」に居る気分で見れました。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
aj (res)
(12/26)
パッチ (res)
(09/24)
最新トラックバック
ブログ内検索
バーコード
忍者ブログ [PR]